全国に250教室を開校する個別指導学院ヒーローズが、企業主導型保育園を開園します。

ヒーローズ保育園浜松東・住吉・上島は「企業主導型保育園」です。企業主導型保育とは、一言で表現すると「会社がつくる保育園」。

これは内閣府が中心となり平成28年度からスタートした制度で、多様な働き方に対応した保育サービス拡大を企業が主導して提供することで待機児童解消を図り、仕事と子育てを両立していくことを目的としています。

つまり、企業(会社)のニーズに応じた保育園を企業が設置・運営し、それを国がサポートする制度です。

参考URL

企業主導型保育園の特徴

保護者の働き方に応じ、多用で柔軟な保育サービスが提供できる

時間交代制や休日勤務など、会社によって働き方は様々です。そんな多様な就労規則に応じた保育サービスを提供できるのが企業主導型保育の魅力のひとつです。
また、提携企業の従業員だけでなく地域住民の子どもも受け入れることができます。
認可保育園とは異なり地域のくくりがないので、市外に住んでいても職場の近くで預けることができ、送迎や通勤が便利になります。

自治体の「保育の必要性」の認定 (保育認定)が要りません

「保育園に入りたいけどフルタイムで勤務していないと難しい」「求職活動をしていても、保育園に入れないと就職ができない」「希望している園に入れなかった」待機児童の多い地域ではこのような悩みがよく聞かれます。

認可保育園を利用するためには、住んでいる自治体の「保育の必要性」の認定(保育認定)が必要で、短時間勤務などの場合で保育認定を受けられない場合には基本的に利用ができません。しかし、企業主導型保育では、企業と利用者との直接契約であるため、パートタイムの方や保育認定がない従業員であっても利用が可能です。

また、市役所によって入所が決まった園が希望と異なる(遠い・保育方針が合わない等)といった悩みもありません。当園の保育方針等をしっかりとお伝えした上で、大切なお子様を預けたいとご希望される方にご利用いただきます。

認可保育所並みの利用料金で利用できる

「認可外は保育料が高いのではないですか?」
このようなご質問も多く受けますが、企業主導型保育園を運営する企業は国から助成を受けておりますので、利用料金を認可施設並または、それ以下で運営することが可能です。
そのため、認可施設並の保育サービスを適正な料金で受けることができます。

職員数や設備に一定の基準があるので安心

「民間企業が運営する保育園」「認可外」と聞くと、施設や保育士の質に疑問を抱かれることと思いますがご安心ください。

企業主導型保育事業は、国(内閣府)が推進している事業で、認可外施設ではありますが次のように認可の保育事業に準じた特徴があります。

  1. 職員配置基準について、職員数や職員資格が認可の小規模保育事業と同様
  2. 設備基準について、認可の事業所内保育事業や小規模保育事業と同様
  3. 保育料について、子ども・子育て新制度下における利用者負担水準を必要以上に越えない範囲で設定

企業主導型保育園を開園するには国が定めた認可保育園並の厳正な基準をクリアしなければ認められません。つまり、当園のように基準を満たした保育園は、施設設備や国家資格を持つ職員の数をきちんと整備しております。また運営主体である「児童育成協会」と園を設置している地域行政の担当課の監査を定期的に受け、運営と保育のさらなる改善に取り組んでいます。

【企業さまへ】

「ヒーローズ保育園」では従業員さまが安心して
長く働き続けられるように、提携企業を募集しています。 

「出産・育児に伴う離職を減らしたい」「育休からの復職が難しい」「女性職員の新規雇用に力を入れたい」など“子ども”と”働き方”の悩みを解決するために、法人契約をご検討ください。

【 提携企業のメリット 】

【 採用に有利 】

保育園の利用が可能であることが、うたえることにより、新しく人材を採用する際の大きなPRポイントとなります。出産後も長く働きたいと考える女性にとって魅力的な企業となります。

【 雇用の安定化 】

出産や育児は女性社員の退職理由の大きな割合を占めます。ヒーローズ保育園と提携することにより、人材の流出を防ぐことができ既存の社員の安定的な雇用に繋がります。

【 企業イメージ向上 】

福利厚生の一環としても利用できます。また一般事業主行動計画にも明記することができ、企業イメージの向上にも繋がります。

Copyright(c)Heroskidsschool-Hamamatsu-Higashi, All rights reserved.